×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

腰痛の原因を知る!腰痛の対策と予防!TOP > 腰痛の対策 > 変形性腰椎症の治療法について!

変形性腰椎症の治療法について!

変形性腰椎症と診断されたらどんな治療を行うのか?

そこで、こちらでは、変形性腰椎症の治療法について解説していますので、
ぜひ参考にしてみてください。


変形性腰椎症の治療法について!

変形性腰椎症だと診断された場合には、変形したものは元に戻せないので、
根本的な治療は難しいでしょう。

なので、その痛みに対する保存療法が基本的な治療法になります。

そして、薬物療法ですが、消炎鎮痛薬や筋肉弛緩薬等の薬を利用して
痛みを軽減させます。

ただ、痛みが激しく発生する場合では、注射療法にて神経ブロック注射や
局所麻酔によるトリガーポイント注射を行うのが効果的です。

他にも、腰部に対する温熱療法やけん引療法なども、痛みには
有効ですので、組み合わせて行う場合もあるでしょう。

日常生活では、コルセットを装着して腰に負担を掛けないようにして、
なるべく姿勢を正しくして脊椎の安定化を計ります。

また、痛みが軽い場合には、軽い筋力トレーニングや腰痛体操等を行い、
筋力を付けると、腰痛の予防にもなるので、行うにようにしましょう。

これらの治療で症状はだいぶ安定してくるでしょう。

変形性腰椎症の場合には、原因が加齢によるものなので、
どうしても高齢の方が発症しやすいんですね。

高齢の方ですと、手術を怖がる傾向があるので、
腰の痛みを我慢して病院を受診しない方も多くいるみたいですね。

ですが、腰の痛みを我慢する為に腰を庇うような無理な姿勢を取り続けてしまい、
症状もさらに悪化してしまう可能性もあります。

ちなみに、変形性腰椎症の場合は、手術が必要になる事はまずないようです。

もし、体を動かし始める時に、頻繁に腰に痛みを感じるのであれば、
やはり、一度整形外科を受診した方がいいでしょう。

どうしても多少の痛みでは、我慢してしまう傾向にあるようなのですが、
悪化させない為にもしっかり診てもらいましょう。