×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

腰痛の原因を知る!腰痛の対策と予防!TOP > 腰痛の対策 > ぎっくり腰になったら?

ぎっくり腰になったら?

急に、ぎっくり腰になってしまったなんて人がいますが、
あの痛みはなった人でしかわかりませんよね。

では、もし、ぎっくり腰になった時はどうすればいいか?

こちらでは、対策と対応について考えてみたいと思います。


ぎっくり腰になったら?

ぎっくり腰と言うのは、ふとした時に急激に腰に痛みが走り、
動けなくなる症状ですね。

ちなみに、ぎっくり腰はあくまで一般的な呼び名であって、
医学的な病名ではありません。

また、ぎっくり腰は人によって痛める部分が異なり、痛め易い部分として
大きく3つに分けられます。


・仙腸関節

1つ目は仙腸関節なんですが、これは、臀部辺りに痛みが出て、
太ももの裏側やふくらはぎにも痛みが走るそうです。


・腰椎

2つ目は腰椎で、これは、腰の中心部に痛みが走り、
下肢にも痛みが出ます。


・背筋及び筋膜

3つ目は背筋及び筋膜で、背筋や線維性の膜で覆われた
筋肉そのものに痛みが走ります。

これは仙腸関節や腰椎が損傷した結果、痛んだものと考えらます。

ぎっくり腰のように何の前触れもなく、突然、激しい痛みに襲われ、
動けなくなったら誰でもパニックになってしまうでしょう。

では、ぎっくり腰になってしまったらどうすればいいのか?

一番良い方法は、医者に診てもらうことですが、その他にも、
自分で何か出来る対策や対応にはどのようなものがあるか?

先ずは、痛みが走ってから3日間は無理をせず、安静にする事が重要です。

無理をして動かしたり、体操などをしたりすると、
良くなるどころかかえって治りが遅くなってしまうからです。

ただ、ぎっくり腰と言うのは、炎症と同じようなものなので、
温めずに氷と水で患部を20〜30分程度、2〜3時間おきに冷やすのが
いいでしょう。

安静にしていれば数日で良くなるようですが、それで動けなかったり、
軽減されないようならしっかり病院で診てもらうことです。

どちらにしても、ぎっくり腰の場合、動くと痛いので、
なるべく病院へ行くようにして、家で安静にしていることが
大事ですね。

決して無理はしないことです。